HOME > ニュース・お知らせ

ニュース・お知らせ

菜の花はどれが美味しいか
菜の花と言えばみなさん、どんなものは思い浮かべますか? 春に河川敷や道端に咲いている黄色い花 近づくと独特な香りとミツバチの羽音が聞こえてくる 際立つけれど主張しすぎない色合いは、見る人を温かくし春を感じさせる 僕らからすると毎年菜の花マラソンで見かけるので、 どちらかというとそのときの感情が思い出されます。 つらい、きつい、やめたい、足が痛い、やめたい、でもやめたらだめだ、そういったのが僕の気持ち。 菜の花はアブラナ科アブラナ属の花の総称で、 かぶや白菜、キャベツや小松菜、ブロッコリーやカリフラワー、紅菜苔、からし菜なんかもアブラナ科であり、 これらの花はすべて「菜の花」と呼べます。 では普段食べている「菜の花」はなんなのかというと、 セイヨウアブラナや在来アブラナの「菜の花」のことです。 ・・・難しい話はこの辺にして。 昨日の朝の仕分けのときに「菜の花はどれが美味しいか」という話がありました。 (※このときの「菜の花」はアブラナ科アブラナ属の花のこと) 指宿の前園寛さんはチンゲンサイの菜の花はうまい、と。 出水の杉村未知男さんは白菜の菜の花も良い、と。 チンゲンサイや白菜の菜の花を食べるなんて、きっと農家でもごく一部の人しか味わえないと思いますが、 確かにチンゲンサイの菜の花は美味しいです。 少しパキッとした食感で、チンゲンサイの風味も少しします。 普段の菜の花の方が少し柔らかいですが、茹でてしまうと気にするほどでもありません。 菜の花とはアブラナ科アブラナ属の花のこと。 「どの菜の花が一番おいしいか」なんてのは少し愚問のような気もしますが、 いつかは食べ比べてみたいものですね。 キャベツ、白菜、カブ、からし菜、小松菜、チンゲンサイ、山東菜、野沢菜、壬生菜、アスパラ菜、紅菜苔、 カイラン、ブロッコリー、カリフラワー、水菜、高菜、などなど。 個人的には、小松菜の菜の花もうま味が凝縮されていておいしいと感じます。
[ ▲ 上部へ戻る ]